Bridge Carving Club ブログ
シドニー在住のにーひにーひが、タイカービングの魅力と何気ない日常生活を紹介するブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早いもので5周年!!!

Bridge Carving Clubは、本日で無事5周年を迎えることが出来ました。

現会員の皆様をはじめ、場所の提供をしてくださる「エミク・オーストラリアンビザネット」さん、「ほんだらけ」さん。
そして、過去にこの教室に通われてた会員の皆様、最後に日本より石鹸を郵送してくださり、陰ながらサポートしてくださる
「MOSカービングクラブ」の栄田先生。

本当にありがとうございます。

まだまだ通過点ですので、過去を振り返らず前へ前へ進んで行き、タイカービングを通じて新しい人との出会いそして今いる会員の皆様ともっともっと楽しんでいけたらと思っております。

まだまだ皆様にご迷惑をおかけしている未熟な講師ではありますが、今後ともよろしくお願いします。

Bridge Carving Club
P1020466_convert_20131017103149_convert_20131017103513.jpg



スポンサーサイト
2015年!!! 新年明けましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2015年1月の作品
「作品名」 FUKU-BUKURO
「材料」 株式会社ダイソー ローズソープ
株式会社マックス 炭 配合石鹸
P1020891_convert_20150101064432.jpg
(designed and carved by Bridge Carving Club)

「お正月に関連した作品」ということで、「福袋」をイメージしたアレンジメント作品を制作してみました。
普通アレンジメント作品というと、切り出しした石鹸の小花を使用するのが王道ですが、固定観念に囚われず

「見ようによっては、こういった作品も面白いのでは。」

と思い、楽しみながら挑戦させていただきました。
P1020892_convert_20150101064550.jpg
P1020886_convert_20150101064712.jpg
会員の皆様が好みそうな品をピックアップして彫刻してみました。
(帽子、ヒール、本2冊、バック(大)・(小)、コート)

難しかったのは、コートとヒール。
コートは首元のふさふさ部分と本体部分の合致が思うようにいかず、色々削りました。
ヒールは同じ大きさのもを作らないといけないので、サイズ合わせに苦労しました。
「炭石鹸」はかなりもろいので、コートの紐の部分も大変でした。本来帽子も黒のラインを入れる予定でしたが、何度やってもポロポロ崩れたため断念しました。
P1020889_convert_20150101064822.jpg
飾りつけも思った以上に一苦労。
全ての作品をきちんとみせるために、台座にするオアシスは段差をつけ、帽子掛けはクラフトワイヤーで作り、他の作品に被らないよう袋からはみ出した感じにしてみました。

思った以上の仕上がりに個人的にも満足。作ってて本当に楽しかったです。

福袋に関してですが、個人的に「何が入ってるか分からない楽しみ」よりも「買った後の後悔」の方が大きく感じられる為、今まで購入した記憶がありません。「自分の気に入った品だけ吟味して購入する。」のが自分流の買い物なのですが、皆さんはいかがですか。

今年もよろしくお願いします。

Bridge Carving Club








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。