Bridge Carving Club ブログ
シドニー在住のにーひにーひが、タイカービングの魅力と何気ない日常生活を紹介するブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Eating Out !!!(その2)
前回の続き・・・

さて会員の皆様なら、にーひにーひが甘い物好きな事はご存じのはず!!!
ランチ後のスイーツを求めて、中華街の方へプラプラ散策していると、Dixon st.沿いにこんなお店を発見!!!



このお店、アイスクリーム専門店なのですが、ちよっと作り方が他店と違います。
実は、「液体窒素」で一瞬にしてアイスクリームを作ってしまうのです!!!\(^o^)/


料理好き、グルメ好きの方ならお分かりかと思いますが、この手法は一流レストランでも使われているところもあり、化学の知識を料理に応用する技法が、流行っているんです。
このお店もそれを主張しているのか、調理器具の代わりに、シリンダーやフラスコの中にソースやトッピングの材料を入れてます。作る方も化学者らしく、白衣を着用していました(笑)。


液体窒素をアイスクリームの材料に注ぎ入れると、冷気が立ち上がります。この手法を生で見たのは初めて!!!ちょっと興奮しました!!!



オーダーしたのは、「ホワイトチョコ、クランベリー、ピスタチオ」の入ったアイスクリーム。お味は・・・まぁ普通です、ハイ。
液体窒素を使ったから美味しくなるわけではありませんからね。ただ、パフォーマンスはすごいと思いますので、一度話題づくりも含めてお試し下さい。(^-^)v

最後まで読んでくれた皆様に感謝!!! にーひにーひ


スポンサーサイト
Eating out !!!(その1)
皆さん、こんにちは。にーひにーひです。(^-^)/

午前中CITYで用事を済ませた後、以前から気になっていたタイレストランでランチしてきました。



「E-SAN SAAP」さんです。CITYワールドスクエアの裏手にあります。オレンジの看板が目印です!!!



店内の壁には、タイの街並みの写真や風景写真がずらり!!!店内もオレンジで統一されております。
今回オーダーした料理、まずは


「ポークラープ」
にーひにーひのお気に入りの料理です。普通に美味しかったですが、以前「home 」で食べたものには及ばず。
続いて、


「トム・ヤム・プロウン」
何故か大量のマッシュルーム。注文間違えたかな?と一瞬思ったのですが、


ちゃんと海老が入ってました。見た目ほど辛くはなかったです。もっと辛味や酸味があっても良いのになぁと思いましたが、もしかすると個人的な意見かもしれませんね。でも二つの料理を食べて、汗いっぱいかきましたよ。じゃあやっぱり辛いのか?( ̄∇ ̄;)ゝ

教室からも遠くないので、レッスン前もしくは後にでもよかったらお試し下さい。

タイ料理を食べた後、甘い物が欲しくなったので中華街の方へ・・・。
何を食べたかは、「その2」ヘ続きます。

最後まで読んでくれた皆様に感謝!!! にーひにーひ
初級クラスの『薔薇』登場!!!
皆さん、こんにちは。にーひにーひです。(^-^)/

今現在、カリキュラムの変更に向けて作業を進めております。その中で一番の大きな変更は、『初級クラスの中に、薔薇のデザインを採り入れる。』ことです。



(初級クラスの薔薇 carved by Bridge Carving Club )

今ご入会されている会員の皆様、そして過去にご入会されてた会員の皆様からもよくたずねられた質問。それは、

「いつになったら薔薇が彫れるんですか?」

教室によって薔薇が登場するのは異なりますが、当クラブでは中級クラス(16レッスン目)からとなります。
ナイフの基本動作をある程度マスターされてから、「彫るなら綺麗な薔薇を彫って頂きたい。」という思いと、実際に技術的にも難しいので、このレッスン数が妥当と考えました。

しかし日本とは違い、ビザの関係でそのレッスン数をこなすまでに、帰国をしないといけない会員の方も多くおられたのも事実で、それならばと考えたのがこの「初級クラスの薔薇」です。



中級クラスの薔薇と大きく違うのは、花びらの厚みを大きくとっていること。また花芯を5,3,3と出来るだけシンプルに仕上げたことです。



葉っぱは基礎クラスから採り入れているので、そのままに。正直もっと、ぶこつな感じに仕上がると思いましたが、案外可愛く仕上がったのでちょっと安心しました。f(^^;

教室のこだわりを通すのも大事ですが、会員の皆さんを満足させてあげることの方がもっと大事であり、今回の変更でもっとタイカービングを楽しんでもらえたらと思います。

最後まで読んでくれた皆様に感謝!!! にーひにーひ

BBQ!!!
皆さん、こんにちは。にーひにーひです。(^-^)/

先日、レストランの同僚達とAshfield の公園でBBQを楽しんできました!!!

皆さんご存じの通り、オーストラリアの大きな公園のほとんどは、無料のBBQ エリアが設置されており、気軽にご家族やお友だち同士で,BBQ が楽しめます。
ビール片手にお腹いっぱい食べてきましたよぉ~!!!


牛タンから焼き始めました。シンプルに塩、コショウそしてライムを絞って頂きます。ソーセージも肉汁タップリ!!!超ーうまい!!!\(^o^)/


そして各種野菜、玉ねぎ、さつまいも、カボチャ、ズッキーニ、中でもジャンボマッシュルームが最高でした!!!(写真撮ってません。ごめんなさい。)
コリアンBBQをメインに、ビーフ、チキン、骨付きカルビと楽しみましたが、なんといっても今回の目玉は、


『スキャンピー(手長海老)』\(^o^)/
本当に贅沢!!!
身も本当に柔らかくて甘いんですけど、なんといっても海老味噌が本当に美味しかったです!!!
1回目は写真のように直に焼いて、2回目はホイルに包んでシャンパンかけて蒸し焼きに!!!

本当に美味しゅうございました。m(__)m

たくさんお酒飲んで、少し昼寝して最高の一日!!!まさにオーストラリア生活の醍醐味ですね。

いよいよ夏本番!!! 皆さんも機会があれば是非BBQ と共に、素晴らしい休日をお過ごし下さい。

最後まで読んでくれた皆様に感謝!!! にーひにーひ



「バラ」大咲き!!!
皆さん、こんにちは。にーひにーひです。(□_□)ゝ

今回は、フルーツソープを丸一個使って、大咲きのバラを彫りました。



(carved by Bridge Carving Club )

バラの彫り方には2通りあり、一つは皆さんご存知の花芯から外へ向かっていく彫り方で、今回使用した技術は、外側から花芯ヘ向かっていく彫り方です。



今回使用した彫り方の方が、より立体的に仕上げることが出来ます。写真で分かってもらえますか?



この面から彫り始めます。最初は、いつもとは逆なので混乱してしまいます。
日本で習った時は、花びら5枚で、タイでは3枚で教わりました。個人的には3枚の方が、より大胆に、よりうねった花びらに仕上がるので、この彫り方をする時のみ、3枚でバラを作ります。



この彫り方は、石鹸ではあまり見かけないように思います。むしろ野菜(人参や大根、ビーツ等)でよく使用される場合が多いです。
タイで習った時はパパイヤを使ったのですが、先生から「花びらをもっと薄く、繊細に!!!」と注意を受けました。それを意識して彫ると上の写真のように、花びらが崩れてしまいます。
それを考慮して、厚めに花びらを作り、ある程度形になってから、花びらを薄くなるように作ったのが、今回の作品です。


『素材が変われば彫り方も変える。』
野菜ほど繊細に仕上げることは出来ませんでしたが、崩れることなく完成しました。

この技術は、上級クラスで出てきます。本当に難しいので、ソープで受講されている方もこの時だけは、野菜でまずは練習されることをおすすめします。

最後まで読んでくれた皆様に感謝!!! にーひにーひ





『角度』を変えてみる。
皆さん、こんにちは。にーひにーひです。(□_□)ゝ

前回のブログで、石鹸を切りだしした『カラー』のお花をお見せしましたが、更に改良を加えてみました。

左が新しく作った物で、右は前回の物です。どこが違うかお分かりになりますか。


サイドの部分を見て頂くと分かりやすいかもしれません。



答えは、『お花』と『がく』の角度なんです。

前回の物は、正面から見ても、がくの部分が見えてしまうのに対し、新しく作ったものは、花の部分でがくが隠れます。
こちらの方が、より本物の『カラー』らしく見えます。(^-^)v

ほんのちょっとしたことで、仕上がりが断然違ってくるところもまた、タイカービングの楽しさのひとつ。

この表現の仕方も、実際に彫ってて気づいたもので、やっぱりタイカービングは『彫ってなんぼ』の世界なんだなぁ~とつくづく思いました。

最後まで読んでくれた皆様に感謝!!! にーひにーひ
新作



(carved by Bridge Carving Club )



(ダイソーミルクソープで作った『カラー』)



(ダイソーローズソープで作った『稲穂』)

久しぶりに石鹸を切りだしして、アレンジメント作品を作ってみました。

石鹸を整形する作業は、カービングナイフを上手に扱う良いトレーニングにもなります。

これらの作品は、今後カリキュラムもしくは特別講座で取り入れます。また、あと数点の作品を新たに加える予定です。

会員の皆さん、お楽しみに!!!

Bridge Carving Club


「ハッ!!!」と気づくとき・・・。
皆さん、こんにちは。にーひにーひです。(□_□)ゝ

このブログをちょくちょくご覧になられているマニアックな方なら、にーひにーひが「反り薔薇」づくりに苦戦していることをご存じかと思います。自分の目指す「より繊細で、より軽やかなウェーブのかかった花びら」を目標に何度も練習を重ねてきました。



これは数ヵ月前に作った反り薔薇です。にーひにーひは「反り薔薇」自体、タイで習ったのではなく、教本を元に練習を重ねてきました。また、他教室の先生方のブログやホームページ等を見て、「自分のとは、どこが違うのか?」、「なぜここまで繊細に彫れるのか?」何度も比較して勉強させていただきました。

先日、同じように反り薔薇を彫っていると「ハッ!!!」と気付きました。「ここをこうすればもっと削りやすく、ここの角度をもっと狭めて・・・。」そのように仮彫りをしてみると、自分の理想に近づいたものになりました。そして、改めて昨日彫り直ししたものがこちらです。


(carved by Bridge Carving Club )

気付いた時の嬉しさ、それがちゃんと形になった時の喜び、本当に回数を重ねて良かったと思いました。

お稽古事をする基本は、『今までなかった知識や技術を身に付けていく過程で得られる、嬉しさや悔しさ、そして達成感』であり、タイカービングをされてる方は、それを通してこれらのことを得ているわけです。

会員の皆さん、自分が納得出来ない技術は、どんどん回数を重ねて下さい。そして何度も質問して下さい。「何度やっても出来ない!!!」というのは、まだまだ回数が足りないだけ。やれば必ず上達しますからね。皆さんにも、にーひにーひと同様、『出来るようになった!!!』と実感する時の喜びを、もっと感じてもらえたらと思いました。

今回は少し固く、長い文章になりましたが、たまには良いですよね。

最後まで読んでくれた皆様に感謝!!! にーひにーひ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。