Bridge Carving Club ブログ
シドニー在住のにーひにーひが、タイカービングの魅力と何気ない日常生活を紹介するブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイソー石鹸での練習(その2)
皆さん、こんにちは。にーひにーひです。(^.^)

さて、初級クラスに入りまず1回目に挫折する課題は恐らく、「ひゅっ」としたテクニックではないでしょうか。

この「ひゅっ」は正直大変難しく、皆様の前では簡単そうにこなしているように見えるにーひにーひですが、ホントに苦労したんですよ。これができる、できないで作品の印象が天と地ほど変わり、「いかにセクシーな曲線を描けるか」
で、カーヴァーの腕がわかるといっても過言ではないとにーひにーひは思っております。

正直言うと、レッスン時間でこのテクニックをマスターすることは不可能であり、それでは何故に初級で加えたかと言うと、このテクニックは

「時間をかけて、ゆっくりと学び身に付ける技術」

と判断したからです。それならば早いことにこしたことはないと思い初級に加えたわけです。この先レッスンを続けていく過程で、いつの間にか「出来るようになっていました。」となるのが、にーひにーひの理想です。

そこで、このテクニックを少しでも練習したいと思われている生徒さんもいるでしょうから、練習デザインを考えてみました。




黒く塗り潰している箇所は、ナイフを斜めにして曲線に沿って切り取った部分になります。

このデザインを綺麗に作るポイントは

1:出来るだけナイフの刃を立てて、刃先だけで曲線を描くこと。その曲線は
必ず左右対象であること。
2:切り取った部分とその次に作る部分の幅を揃えること。
3:最初の6当分を出来るだけ正確に作ること。
4:曲線を描くときは必ず「ひゅっ」と口に出すこと。
5:できないときは「なんで先生はあんなに綺麗に曲線が描けるんだろう。先生ってやっぱり凄いな。」とにーひにーひのことを褒め称えること。

・・・・・・・・・・・・・・・・(--;)

とっとにかく、楽しんでトライしてみて下さいね。

最後まで読んでくれた皆様に感謝!!!! m(__)m にーひにーひ






スポンサーサイト
ダイソー石鹸での練習
皆さん、こんにちは。にーひにーひです。

ソープカービングの練習をされるとき、ほとんどの方はボディーショップの石鹸ではなく、ダイソー石鹸をお使いと思います。

カリキュラムのデザインはボディーショップの石鹸の大きさのため、ダイソー石鹸ではそのままのデザイン移行は難しく、みなさん色々とアレンジされていると思います。

普段、ご家庭の事情やお仕事、学校などで多忙の中、時間を作って練習するとなると、ダイソー石鹸に合わせたデザインを一から考えるのはやはり大変ですし、まとまった時間がとれないと難しいですよね。

ですので多忙な方には作品を作るというよりも、習ったパートだけをひたすら練習するほうが良いように思います。

例えば、これは基礎クラスで習ったものをダイソー石鹸に取り入れてみました。
(例 1)




1:6等分に印を入れ、三角形を6個つくり、ナイフを斜めにして輪郭に沿うように切り取ります。
2:三角形の間に次の三角形をつくり、間をすきとります。
3:今度は間にダブルのブイ字をつくり、間をすきとります。
4:次は木の葉型になるように。左右対称になるよう気をつけて。そして間をすきとります。
5:最後は涙型で十字架を作ります。真ん中の丸は爪楊枝であけてください。

(例 2) 葉っぱが苦手な人ように、葉っぱばかりの練習




葉っぱのデザインを交互に換えてもおもしろいですね。




ダイソー石鹸の厚みをいかして、サイドにも葉っぱのデザイン。真ん中にパールでも入れるとオシャレになります。

基礎クラス途中の方は、習ったところだけを重点的に繰り返してみてください。それだけでも楽しいデザインになります。基礎以上の方は、ナイフの入れ方や角度、深さなど確認しながら試してみてください。変に凝ったデザインよりもシンプルで、良いものができると思います。ぜひお試しを!!!

最後まで読んでくれた皆様に感謝!!!  にーひにーひ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。